カテゴリー : ハチ

このカテゴリーの登録数:41件 表示 : 11 - 15 / 41

Dec 02, 2010

オオマルハナバチ

20101202.jpg
膜翅目 ミツバチ科 オオマルハナバチ
Bombus hypocrita 大丸花蜂

黒と黄色の虎模様が特徴のハチ。北海道で撮影したものなので一般的にはエゾオオマルハナバチと呼ぶべきなのでしょうか?また、近年は農業で使われるセイヨウオオマルハナバチが逃げだし、野生化した連中と一悶着しているようです。

Mar 31, 2010

コマルハナバチ

20100331.jpg
膜翅目 ミツバチ科 コマルハナバチ
Bombus ardens 小丸花蜂

林道の脇をちょっと大きめな蜂が飛んでいたので目で追ってみるとすぐ近くに留まりました。写真に写っているのは雌で、これとそっくりな仲間でクロマルハナバチがいます。写真ではわかりにくいですが、羽の端っこが黒く、求愛に来たと思われる雄蜂が黄色だったのでコマルハナバチ だと思われます。

Sep 17, 2009

バラハキリバチモドキ

20090917.jpg
網翅目 ハキリバチ科 バラハキリバチモドキ
Megachile tsurugensis 薔薇葉切蜂擬

近所のコスモスに黒っぽいハチが来ていて最初はニホンミツバチかなぁ、と思っていたのですが、それにしては黒すぎたので調べてみるとハキリバチのようです。名前の通り、バラの葉を丸く切り抜いて巣を作るため、バラの害虫扱いです。

Mar 15, 2009

ヤマトアシナガバチ

20090315.jpg
網翅目 スズメバチ科 ヤマトアシナガバチ
Polistes japonicus 大和脚長蜂

橋の下にじっとしていたヤマトアシナガバチ。他のアシナガバチとそっくりですが、全体的に茶色っぽいのが特徴。また、他のアシナガバチと違い非常に温和しい性格をしており、他の攻撃的な仲間の姿を似せた擬態のようです。

Feb 24, 2009

ニホンミツバツ

2006-04-03
膜翅科 ミツバツ目 ニホンミツバチ
Apis cerana 日本蜜蜂

よく見るとセイヨウミツバチに混じって蜜を集めています。腹が黒い奴がそうです。腹が黒いからと言って悪い事を企んでいる訳ではありません。ただ在来種ならではの知恵を持っているので天敵に対応できるのが強みです。

2009-02-24
まだまだ自転車操業が続きます。10日前と同じ場所で撮影したものでもしかしたら同じ個体なのかもしれません。最近は近所では見かけないので彼女達を見ていると嬉しくなります。

もっと読む...